離婚して不動産を任意売却した方が良い条件とは?

離婚をするのは、とてもエネルギーを使うもの

結婚をする二人にとって、この先に待ち構える楽しく幸せな日々のことを思うと、その準備はとても楽しいものでしょう。 しかし、いつのまにか二人の生き方が交わらなくなり、離婚をするという決断をする夫婦があります。

離婚の手続きは、結婚式のような多くの人を招待するセレモニーを行うことがないため、シンプルに進行するものと考えている方はいませんか? しかし実際には、離婚の手続きを進めていく過程では、とてもたくさんのエネルギーが必要になります

不動産を購入し、住宅ローンが残っていると、いろいろと面倒です

結婚生活を続けているうちに、子どもが生まれるなどして家族構成が変わると、マンションや一戸建てなどの不動産を購入する方が多いでしょう。 そして、ほとんどの方は住宅ローンを組んで、20年や35年といった長い年月をかけて毎月返済を行うことになります。

もし住宅ローンが完済しないうちに離婚をすることになった場合、住宅ローンの返済はどうなるのでしょうか? 一般的なケースでは、夫がローンの名義人として契約をする場合、妻が連帯債務者や連帯保証人になるでしょう。

つまり、離婚をしたからと言って、住宅ローンの返済義務から逃げることはできません

離婚の際、不動産を任意売却した方が良い?

そんな時、不動産を任意売却するという選択肢があります。 任意売却を行った方が良い条件としては、まずローンの返済を行っていくことが難しく、返済を滞納せざるを得ない、ということがあります。

住宅ローンの返済を3か月から半年程度滞納してしまうと、強制的に競売の処置がとられます。 競売となると、標準的な市場価格よりも不利な価格での取引となってしまいます。 ところが、任意売却であれば、市場価格に準じて売ることができるようになりますので、その後の生活の立て直しが有利です。

ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報