離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 離婚して任意売却をするケースとは

離婚して任意売却をするケースとは


住宅ローンの返済が終わっていない場合が一般的

任意売却を行うというのは、強制的な競売を回避するために行う場合となります。
つまり、住宅ローンの返済が終わっておらず、しかも3か月以上にわたってローンの返済ができていないという状態です。

共働きで生活を行っていた夫婦の場合、離婚をすることによって世帯あたりの収入がどうしても減ってしまいます。
例えば、妻が子どもと一緒に住居に住み続け、夫が住宅ローンを毎月支払うということになった場合を考えてみましょう。
夫は二重に住居費用を用意する必要が出てくるため、どうしても支払いを続けていくことが難しくなることは珍しくはありません。

離婚をしてから任意売却をすることのメリット

住宅ローンの滞納が続くことで、融資元の金融機関は抵当権を行使し、不動産を強制的に競売することができるようになります。

競売にかけられることになると、新聞やネットで競売情報が告知され、抵当権が残った状態での取引により売却金額が市場相場よりも下回ってしまうなど、債務者にとってはデメリットばかりです。
その点、任意売却は周囲に知られることはありませんし、抵当権が解除されることで、市場相場にのっとった取引ができます。

そのほかにもある!任意売却のメリットとは?

任意売却のほかのメリットは、売却後に残った債務が無担保になるということです。
加えて、毎月の返済額や返済期間についても、ある程度フレキシブルに対応してもらえるようになりますので、無理なく返済を行えるようになります。

このように、離婚をして任意売却を行うケースとしては、精神的なストレスをできるだけ軽減するという目的だけではなく、返済を現実的に行うための手続きという意味合いがあります。

ただし、無担保とは言っても債務が残ることには変わりありませんので、毎月の収入に見合った適切な返済額となるよう、きちんと相談するようにしてくださいね。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売よりもメリットが多い一括査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報