離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却にかかる期間

任意売却にかかる期間


任意売却をスタートできるタイミングは?

この先住宅ローンを毎月返済することができないと判断されたとしても、すぐに任意売却の手続きをスタートすることはできません。
まず、任意売却を行うためには、債権者である金融機関の承認が必要となりますが、それには一定期間の滞納状態がなければなりません。

具体的には、3か月から6か月程度の滞納期間があることが前提となります。
ただし、この期間が経過すると、債権者は競売の手続きを開始できるようにもなりますので、競売が完了するまでに任意売却を終えなければなりません

任意売却と競売との関係は?

では、いつまでに任意売却をスタートする必要があるのでしょうか。
一定期間の滞納期間の後、任意売却を行うことができるようになりますが、もし競売の手続きを取られてしまった場合には、競売の開札期日まで、つまり、前日まででしたら手続きを行えます。

ただし、開札期日の前日までに売却を完了する必要がありますので、交渉期間を見越したうえで、余裕をもって手続きを開始してください。
おおよそ、1か月程度は交渉に費やすケースが一般的ですので、いずれにしても早めに手続きをスタートすることをおすすめします。

任意売却の期間を決めるには、債権者の判断が必要です

では、3か月から6か月の住宅ローン滞納の後から任意売却をスタートしたとして、競売の開札期日前日までをフルに使って手続きを進めることができるのでしょうか?
任意売却の期間を決めるにあたっては、まずは債権者の承認を得なければなりません。

任意売却が完了するまでは、不動産の抵当権は存在していますので、その取扱いについては債権者である金融機関が決めることになります。
債権者は、任意売却を行うかどうかを決定するだけでなく、どのくらいの期間を設定するのかについても、決める権利を持っています。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報