離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > 管財ソリューション

管財ソリューション


kanzaisol

管財ソリューションは、2003年に誕生しました。
任意売却という言葉がまだまだ一般的ではなかった頃です。

自己破産者に不動産のある場合には、裁判所から任命をされた破産管財人が売却処理をする任意売却を取り扱っていました。
任意売却の場合、売り主は破産管財人が売主になります。
つまり、不動産所有者の破産者の意思には一切関係なく売却できるということなのです。

買手が決定すれば、破産管財人は破産者に対して退去日を伝えるだけで、引越し費用の捻出といったものは、任意売却専門業者が行います。
この任意売却の中において最も重要なポイントになるのが引越し費用です。

引越しというのは、どうしても50万円前後は必要になります。
引越しをされる方が破産者であるということは、そのようなお金を持っていないのです。

そのような破産者に対して、引越し費用等を捻出するというのは、とても重要な問題なのです。

競売と任意売却

不動産が競売にかかった場合、裁判所というのは不動産に不動産鑑定士を派遣します。
そして写真撮影や調査を行います。
さらに近隣への聞き込みなども行います。

そして不動産所有者が不在である場合には鍵を解錠したうえで強制的に立ち入りを行うのです。
そうして入手をした情報、写真というのは裁判所において閲覧することができますし、裁判所がインターネットに掲載したうえで入札希望者を募集するのです。

物件を調査する時点で、近隣に競売物件となっているということが知られてしまいます。
さらに不特定多数の方にインターネットにおける管理費などの滞納の情報が知られてしまうリスクが高くなるのです。

近年では、競売情報を掲載しているサイトも多くの方に閲覧されています。
これは、物件を所有している方にも、そして家族にも非常に大きな負担となってしまうことは違いありません。

任意売却の場合には通常の不動産売却と同じよに売却活動が進められます。
そのため、開示したくないプライバシーが多くの人に晒されてしまうこともありません。
近隣に住宅ローンに関するトラブルについて知られる心配もありません。

任意売却であればまず誰にも知られることなく売却が可能になります。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報