離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却に必要なお金

任意売却に必要なお金


ローン返済に困っているのに、任意売却業者の費用はどうしよう…?

離婚をきっかけとして、住宅ローン返済の先行きが不透明になってしまった方にとって、任意売却業者に手続きを依頼するための費用がすぐに用意できるでしょうか?
そもそも、資金繰りが厳しい状況に追い詰められているのに、高額な費用がかかるようでは、手続きそのものを進めることができません

任意売却業者を利用するためには、もちろん仲介手数料が費用として必要になります。
ただし、これは成功報酬型です。
つまり、任意売却が成功した後に発生する費用ということです。

そのため、手持ちの現金が用意できなくても、任意売却業者に仕事を依頼することは可能です。

仲介手数料はだいたいどの程度を考えておけばいい?

どの任意売却業者に依頼をするかによって、仲介手数料が変わってくるのではないか、と心配に思っている方がいるかもしれません。
しかしご安心ください。
仲介手数料は宅地建物取引法によって、計算方法がきちんと決められています

仲介手数料の計算方式は、次の通りです。
(仲介手数料)=(任意売却成約価格の3パーセント)+6万円+消費税

具体的には、任意売却で2000万円で売却できたとすると、「60万円+6万円+消費税」が仲介手数料となるということです。
支払いのタイミングは、成約されたところで、成約代金から差し引かれるようになっています。

業者によっては、引っ越し費用などを工面してくれるケースも

このように、任意売却業者にかかる費用としては、仲介手数料のみです。
明朗会計ですので、安心して業務の代行を依頼できますね。

加えて、経験豊富な任意売却業者のなかには、債権者との交渉において引っ越し費用を捻出してくれるという、うれしいケースもあります。
おおよそ、10万円から30万円程度が一般的ですが、思わぬ加算となりますね。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報