リーヴスホーム


leaves

リーヴスホームは任意売却において強いサポーターとなってくれる業者です。
住宅ローンの支払い督促状、催告状が届いたけどどうすれば良いのか分からない…
収入が減って、リストラになって住宅ローンの返済をするのが困難である、という方は、まずリーヴスホームに相談をしてみてはどうでしょうか。

住宅ローンで困り果てているなら

競売開始決定が出たとしても任意売却は十分に可能です。
任意売却によって引越し費用を捻出しましょう。

最も重要な債権者との交渉、連絡といったものはすべてリーヴスオームに手伝ってもらってはどうでしょうか。
では、任意売却できなかった場合にはどうなるのでしょうか。

融資を行っている金融機関をやっと説得して、競売を回避することができたとしても、任意売却によって買い手が見つからないとなればどうしようもありません。
任意売却で買い手が見つからなかった場合には、競売で手離すしかないでしょう。

任意売却物件が売れなければ、競売へ移行する以外に方法はありませんが、その前にやっておくべきことはあります。
まず、どうして物件が売れないのかを考えてみましょう。

もしかすると販売価格が高額過ぎるのかもしれませんし、共同所有者、連帯保証人の同意が得られないなどといった問題がないかを確認しましょう。
上記2つのうちのどれかが原因となっている可能性が非常に高いのです。

最も厄介な問題が共同所有者や連帯保証人の同意を得られない、という場合です。
当人が行方不明、音信不通といった理由で連絡がとれなければ諦めるしかありません。

しかし、そうでなければ諦めるのはまだ早いですよ。
そのような場合に連絡を取れる状態にしたり、徹底的にサポートをするというのが任意売却業者の仕事です。

どうしても連絡が取れない、任意売却を進めたいのでどうしようもない、という場合にはリーヴスホームに依頼をしてみてください。
リーヴスホームなら親身になって一緒に任意売却を進めてくれるはずです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報