離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > ハウスコンサルタント

ハウスコンサルタント


housekonsaru

ハウスコンサルタントは任意売却において非常に強いサポーターになってくれる存在です。
では、そもそも任意売却について考えてみましょう。

任意売却業務について

住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合や、競売開始が決まっていても開札期日前日まで競売よりも有利な条件において売却する、ということです。

任意売却のメリットは売却価格が市場価格の大体70%から80%だということです。
競売の場合には60%から70%くらいですので、競売よりも任意売却の方が債務を多く返済することができるのです。

また、引越し代金などを捻出できる可能性が高くなります。

差押えから競売入札期間までをなにもせずにいると、競売となってしまい、強制的に不動産を手放さなければならなくなります。
さらに引越し費用に関しても、手元には何も残らなくなります。
そのため、ハウスコンサルタントでは、差し押さえと取り下げたり、そのまま所有したり任意売却をして少しでも多くの資金を残せるように提案してくれるのです。

任意売却や競売になると、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうというのはよく知られています。
ブラックリストに登録されてしまうと、マイホームを売却した後になって賃貸物件を借りることができないのではないかと不安に思われる方も多いでしょう。

ブラックリストにのると賃貸物件が借りられない?

信用情報機関のブラックリストに登録されたとしても、賃貸物件を一切借りられなくなるということはありえません。

しかし、条件が付帯している賃貸物件においては借りられないこともありますので注意してください。
保証会社をつけなければ借りられないとなっている物件のことです。

家賃の未払いの問題が増えてるので、家賃保証会社の保障を受けなければ賃貸契約の条件となっている物件が増えているわけです。
ブラックリストに登録されるなどの不安を感じて、任意売却を行わない方も多いようですが、そのような心配はありませんので任意売却で早く売却してしまうようにしましょう。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売よりもメリットが多い一括査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報