離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 連帯保証人はどうなる

連帯保証人はどうなる


連帯保証人とはどういう立場にあるの?

不動産を購入するために住宅ローンを組む場合、連帯保証人を設定するのがほとんどです。
連帯保証人とは、実際にローンを借りる債務者と同じ義務を有している人のことです。

つまり、債務者が毎月のローンを支払うことができなくなると、同じ義務を有している連帯保証人のところに支払いの督促が向かいます

連帯保証人がいる場合の任意売却とは?

任意売却を行うケースでは、売却後に残債が残るのが一般的です。
売却をしても債務が残るのですから、連帯保証人にとっては状況はそれほど変わりません。

ただし、任意売却では市場相場での売買取引ができますので、残債を大きく減らすことが可能です。
気を付けなければならないのは、任意売却を行った直後に、債務者が自己破産をして破産免責を行う場合でしょう。
こうなると、連帯保証人は残債の支払い義務から逃れることができなくなってしまいます。

任意売却を行う前に、必ず連帯保証人の了承を得ておきましょう

任意売却の手続きにおいては、上記のようなトラブルが頻繁に報告されています。
連帯保証人に迷惑をかけないためにも、離婚のために任意売却を行わざるを得ない際には、事前にきちんと相談をしておかなければなりません。

融資元の金融機関においても、任意売却を認めるかどうかを判断する過程において、連帯保証人の許可を得ているかを確認します。
任意売却の後に債務者が破産免責をし、連帯保証人が債務を負うことを保証できないとして、残債の支払いを拒否することを回避するためです。

いずれにしても、連帯保証人に黙って手続きの進行を決めることは、社会人としてのマナー違反となりますので、くれぐれも怠らないようにしましょう。
債務者、連帯保証人、融資元の三者が合意することが、任意売却を行うための最低条件です。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報