離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 連帯保証人はどうなる

連帯保証人はどうなる


連帯保証人とはどういう立場にあるの?

不動産を購入するために住宅ローンを組む場合、連帯保証人を設定するのがほとんどです。
連帯保証人とは、実際にローンを借りる債務者と同じ義務を有している人のことです。

つまり、債務者が毎月のローンを支払うことができなくなると、同じ義務を有している連帯保証人のところに支払いの督促が向かいます

連帯保証人がいる場合の任意売却とは?

任意売却を行うケースでは、売却後に残債が残るのが一般的です。
売却をしても債務が残るのですから、連帯保証人にとっては状況はそれほど変わりません。

ただし、任意売却では市場相場での売買取引ができますので、残債を大きく減らすことが可能です。
気を付けなければならないのは、任意売却を行った直後に、債務者が自己破産をして破産免責を行う場合でしょう。
こうなると、連帯保証人は残債の支払い義務から逃れることができなくなってしまいます。

任意売却を行う前に、必ず連帯保証人の了承を得ておきましょう

任意売却の手続きにおいては、上記のようなトラブルが頻繁に報告されています。
連帯保証人に迷惑をかけないためにも、離婚のために任意売却を行わざるを得ない際には、事前にきちんと相談をしておかなければなりません。

融資元の金融機関においても、任意売却を認めるかどうかを判断する過程において、連帯保証人の許可を得ているかを確認します。
任意売却の後に債務者が破産免責をし、連帯保証人が債務を負うことを保証できないとして、残債の支払いを拒否することを回避するためです。

いずれにしても、連帯保証人に黙って手続きの進行を決めることは、社会人としてのマナー違反となりますので、くれぐれも怠らないようにしましょう。
債務者、連帯保証人、融資元の三者が合意することが、任意売却を行うための最低条件です。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
48歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却」
         
無料相談のおかげで一歩踏み出せました。なんとかローンを残すことなく任意売却できたのでほっとしています。

公式サイトはこちら

2すみれ不動産販売

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

3グランソレイユ

おすすめの理由
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報