離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > 友進ライフパートナー

友進ライフパートナー


yushin

友進ライフパートナーでは任意売却のサポートを行ってくれる業者になります。
住宅ローン破綻による競売前に解決する方法というのが任意売却になります。

住宅ローンの支払いができなくなった場合には、競売による入札が開始される前に、債権者と話し合いをして所有者自身の意思によって売却をする方法になります。
任意売却においては市場価格で売却できますので、競売よりもメリットが大きく、生活を債権するために選択をされる方が多いのです。

ただし、通常の売買と大きな違いがあります。
それは、債権者に許可を得なければなりません。
そのため、友進ライフパートナーなどの専門家に相談をするべきなのです。

相談から任意売却完了まで

相談から任意売却完了までの流れというのはどのようになっているのでしょうか。
そもそも住宅ローンを組むというのは人生で何度もあるものではありません。
さらに滞納して任意売却を考えなければならない事態というのはそうあるものではありません。

そのため、これから任意売却を専門業者に相談しようと思っているのであれば次のような流れを覚えておきましょう。

まずは任意売却専門業者への相談をしてください。
ウェブサイトで検索をすると、任意売却業者というのは複数見つかります。
友進ライフパートナーもその1つです。

業者によっては対応エリアなどがありますので、自分の物件がどの程度該当するのかをチェックしてから問い合わせをしてみてください。
電話相談もできますし、問い合わせフォーム、メールといったものを利用するのもおすすめです。

業者との面談

先方の事務所に足を運ぶ、もしくは訪問面談をしてくれる業者もあります。
相談者の大半はローンの催告書、競売開始決定通知といったものを受け取っている段階ですので、専門家にアドバイスを受けることによって、心理的ストレスはかなり軽減されるはずです。

任意売却というのは素人ではなかなか難しい問題ですので、思い切って専門業者に依頼するというのがおすすめです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売よりもメリットが多い一括査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報