ワンズ不動産


wanzufudosan

任意売却というのはローン滞納がはじまってから4ヶ月以内の間で相談をされる場合には、極端に成功率は高くなります。
これは、時間が経過すると競売にかけられますので、任意売却は時間との勝負になります。

また、今現在は支払いができていても、今後の見通しが立たない、という方からの相談もワンズ不動産なら請け負ってもらうことができます。
任意売却において業者選びを間違ってしまうと当然良い結果には結びつくことはありません。

まさに競売直前で任意売却を依頼される方も多いのですが、債権者との交渉、競売入札までの時間の計算など専門的な業務というのはなかなかできない、ということも多いのです。
地元不動産会社であったり、友人や知人が不動産会社で働いているからといって、安易に業者選びをしてしまうと任意売却に失敗してしまうかもしれません。

任意売却のマイナス面

住宅ローンを滞納した場合、競売よりも任意売却のほうがメリットが多いと言われています。
しかし、この任意売却にはデメリットもあります。
住宅ローン滞納者にとっては、任意売却が非常に有利であることには違いありません。
しかし、誰でも任意売却が有利になるとはいえないのです。

まず、任意売却というのは交渉や手続きは簡単ではありません。
競売は放置していても手続きはどんどん進んでいくのですが、任意売却については購入希望者との交渉、手続きなど専門知識が必要になり、手間のかかるやりとりもあるのです。

個人が自分で任意売却を全て行うというのは、現実的ではありません。
やはり専門業者に依頼をしなければならないのです。
また、任意売却を交渉しても、債権者がなかなか同意してくれないということもあるのです。

銀行や信用金庫のような金融機関が債権者の場合には任意売却に同意してくれないことも少なくないのです。
任意売却はこのようにマイナス面があるのも事実です。

しかし、このマイナス面に該当しない方であれば、競売よりも任意売却ははるかに有利に取引を進めることができるのです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報