エルライフ


エルライフは任意売却における費用、料金は全くかかりません。
エルライフは不動産会社になりますので、成功報酬のみが発生します。

依頼をした不動産を売却できた時に限って、債権者、抵当権者から不動産仲介手数料を分配することになるのです。
依頼人である人からは一円も発生しないので安心してください。

依頼人が負担をする費用は、印鑑登録証明などの本人でなければ取り寄せることができない書類の取得にかかる費用や送料だけです。

任意売却の流れ

住宅ローンの支払いを2ヶ月以上滞納をしていると、督促状が送られてきて、債権者と返済についての話し合いが行われます。
債権者側の提案を受け入れることなく交渉がまとまらなければ、住宅ローンの保障をしている保証会社が肩代わりをすることで、ローンの債権者になって、回収業務を回収外車に委託するのです。

通常であれば債権回収会社というのは競売と呼ばれる法的手段を行使することで、不動産を強制的に売却をして、ローンの回収を目指すのです。
この代位弁済がなされたことで、競売の結果が出るまでに任意売却における全ての手続きを行っておかなければなりません。

つまり、任意売却におけるスペシャリストに依頼をしなければならないのです。
依頼を受けた専門会社では、物件の調査、債権者との調整といったことを行い、物件を売却します。
購入希望者が見つかり次第、売買契約を結ぶのです。

債権者に担保を外す、といった依頼や債権回収会社に対しての競売を取り下げてもらえるように依頼することも可能になります。
売却代金を回収次第、債権者に支払いを完了させることになります。
これまでの流れを早ければ1ヶ月、遅くとも半年の間で行うというのが任意売却における重要なポイントになります。

任意売却をすれば競売と異なり、より相場に近い金額での売却を実現させられる可能性が高くなります。
任意売却の知識などなく、誰に頼れば良いのか分からないのであれば、エルライフのようなプロに相談してみてください。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報