離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 悪質業者の見分け方

悪質業者の見分け方


高額な引っ越し費用の確保をうたっている業者には、ご注意を

スキルのある任意売却業者では、金融機関などの債権者との交渉のなかで、債務者の引っ越し費用を確保してくれるといったことがあります。
不動産の任意売却代金に加えて、こういった予期しない費用がもらえるのは、とても助かります。

ただし、悪質な業者のなかにも、任意売却の依頼をする前に高額な引っ越し費用を確保することをアピールするところがあります。
引っ越し費用は、あくまでも債権者との交渉によって発生するものですので、交渉をする前に安請け合いをする業者にはくれぐれも気を付けてください。

最初に現金がもらえると勧誘するのも要注意!

任意売却の手続きを依頼してくれるのであれば、現金を差し上げますと勧誘する悪質業者も。
ご説明するまでもありませんが、こういった悪質な勧誘には乗らないようにしましょうね。

これらの悪質業者は、不動産を安く買いたたくことで、不当な利益を得ようとする傾向があります。
任意売却業者の費用は仲介手数料のみで、これは不動産の成約代金に比例しますので、安く買いたたくことでどうしてメリットがあるのか?と不思議に思う方がいるかもしれません。

悪質業者は、自社で安く買いたたいた不動産を、より高い価格で転売することで、より大きな利益を得ているのです。
つまり、仲介手数料を当てにしているのではなく、不動産を不当に転売することが目的で、甘い言葉をささやいてくるのです。

少しでもおかしいなと思ったら、ほかの業者を探しましょう

このように、悪質業者に共通しているのは、任意売却をすることで必ずプラスαの利益が手に入ることをアピールするところです。

任意売却はお金を儲けるための手段ではありません。
厳しい経済状況のために被るダメージを、できる限り軽減するために取る手段ですので、うまい話は存在しないということを頭に入れておいてください。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報