離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > プレシャスコーポレーション

プレシャスコーポレーション


prechious

プレシャスコーポレーションは任意売却において非常に評判の良い業者です。
任意売却であれば競売決定通知が届いてからであっても間に合うことがあります。
競売決定通知が届いたとしても、諦めずにプレシャスコーポレーションに相談をしてみてはどうでしょうか。

競売決定通知が届いてからでも売却可能?

担保不動産競売決定通知が届いても、物件を売却することは可能です。
この競売決定通知を受け取ったのであれば、早急に行動を起こすことです。
時間との勝負になるからです。

競売決定通知が届いても放置している入札期日の通知が送られてきてしまいます。
入札期日が届いてから物件を売却するというのも理論的には可能なのですが、実際問題としてはまず不可能だとされています。

また、債権者によって任意売却をなかなか認めてくれないこともあります。
そのため、この競売開始決定通知が届いたのであれば早急に行動を起こすことです。

もともとは競売申し立てから6ヶ月後に入札となっていました。
しかし、現在では競売申し立てから3ヶ月後には入札となってしまうのです。
非常にスピードが早くなっているのです。

これまでは比較的時間に余裕があったのですが、非常に苦しい状況になります。
債権者が不良債権の処理を早く進めようとすることが関係しています。
そういったことからも、競売の通知を受け取ったからには、残された時間は非常に少ないと考えて良いでしょう。

任意売却の方が競売よりもおすすめ!

任意売却というのは短期間の間で問題を処理することができるので、延滞金の発生を防ぐこともできます。
少しでも高く売却することができれば、債権者への支払い金額をより多くすることができます。

競売される予定だった不動産を一般の不動産市場に売却をして、市場価格に近い価格で売却できるのが任意売却なのです。
この任意売却を行うのであれば、やはりプレシャスコーポレーションのような専門業者に依頼をするというのがおすすめです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報