離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 業者選びのポイント

業者選びのポイント


そもそも、任意売却業者はどういったことを行うの?

任意売却にあたっては、一般的な不動産の売買だけでなく、銀行などの金融機関との交渉や、裁判所との調整などの作業が必要とされます。
こういった複雑で多岐にわたる作業は、やはりプロの手に任せるべきでしょう。

任意売却業者は、不動産の任意売却に関わるすべての手続きを行います。
上に書いたように、債権者である金融機関の担当者に交渉し、不動産を任意売却することを認めてもらったり、任意売却を行う期間を調整したりします。

また、競売にかけられている不動産である場合は、競売開札期日までに任意売却が完了するよう、裁判所と適宜コンタクトを取りながら、手続きを進めていかなければなりません。

任意売却業者には国家資格があるの?

現在のところ、任意売却業者として仕事をするにあたっての国家資格はありません
つまり、その気さえあれば、誰でも任意売却業者と宣言することは可能です。

ただし、任意売却の手続きを代行するということは、一般的な不動産売買と比べてカバーする範囲が広く、さまざまな立場の方と調整をしなければならず、誰にでもできることではありません
そこにはやはり、これまでに任意売却を数々取り扱ってきたという経験や、そういった調整作業を円滑に進めることのできるスキル、これら両軸がなければなりません。

良い任意売却業者を見極めるポイントは?

まずは、無料の相談サービスなどを利用して、現在の状況を詳しく伝えたうえで、どういったアドバイスを得ることができるかを確認してみましょう。
すぐに任意売却を進めたり、その場で具体的なアドバイスが出てこなかったりする場合には、注意した方が良いかもしれません。

状況によっては、任意売却をしないという選択肢もありますので、きちんとした経験や判断基準をもって業務にあたっている、そういう印象のある業者を選ぶことが大切です。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報