上方住宅


上方住宅についてご紹介します。

上方住宅で任意売却

事情は様々ですが、所有不動産のローン返済を滞納してしまう、ということはあります。
担保になっている不動産を差し押さえられてしまうだけでなく、競売にかけられることもあるのです。
その落札金額でローンを返済する、ということになるのです。

一般的に競売というのは通常の相場よりも安く落札されてしまうものです。
落札者の希望によって退去せざるを得なくなってしまうために、経済的にも、精神的にも非常に大きな負担がかかってしまうのです。

この競売になってしまう前に回避をする方法、というのが任意売却なのです。
競売予告通知が届いた時にも、競売を回避して任意売却を行えることもあります。

任意売却は裁判所を介して行うものではありませんので、家族や一人で解決するのではなく一度上方住宅に相談をしてみてはどうでしょうか。

任意売却から引越しまで

任意売却が行われた時には、不動産が購入されてお金の受け渡しが行われた時にはすでに引越しが完了していることが必要です。
物件が購入されても購入した人の住宅ローンの手続きには1ヶ月の期間が必要ですので、その間に引越し先を見つけておくようにしなければなりません。

その一方で、賃貸住宅においては2週間前後で引越しをすれば良いので、ある程度は時間の猶予があるのです。
さらに任意売却であれば、○○まで退去を待ってほしい!
という希望を購入者に依頼できることもあります。
買主が納得してくれれば、いつまでも住み続けることができるのです。

ただし、債権者側からすればいつまでも住み続けられることで売却されたお金を受け取ることができない、ということによって任意売却を認めないこともあります。

そのような絶妙な取引の塩梅というのは、やはり上方住宅に相談をしてみる必要があります。
上方住宅に相談をすることで、任意売却をより効率よく進めることができるはずです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報