CSプランニング


csplannning

任意売却においてはCSプランニングを利用してみてはどうでしょうか。
地域に密着した業者で、気軽に相談でき、任意売却における様々なサポートをしてもらうことができます。

では、任意売却について考えてみましょう。

親子間の任意売却

親子間での不動産売却というのはどのようなものなのか疑問に思われる方も多いでしょう。
親子間ならば通常は相続、贈与に値する不動産であるにも関わらず、売買できるものなのでしょうか。

不動産業者だけでなく、大手の銀行というのはローン保証会社との間で貸付をしている債権者が、その親戚や親、子供である場合には保証外となります。
つまり、親子間での不動産取引というのは融資することができないのです。
というのも、親子間での取引というのは、貸付たお金をその他の用途に利用されることを防ぐという目的があるのです。

また、住宅ローンにおける決まりとしては、ローンを組む場合には本人がその家に住むための融資でなければなりません。
そのようなことからも、親子間における任意売却というのは極めてハードルが高いのです。

親子間での任意売却の費用

親子間での任意売却というのは難しいので、普通の任意売却と比較しても費用が高額になってしまいます。
今まで住み続けてきて、情も移っている住居です。
そのような家を手放したくないという思いがあるのであれば、少々高くなってしまっても任意売却をするべきです。

そして金融機関に認めてもらうという交渉が必要不可欠になるのです。
第三者を間においての取引となると、謝礼を支払うのが一般的です。

親子間任意売却のデメリット

親子間任意売却におけるデメリットは、住宅ローン控除での対象外になってしまいますので、所得税は還付されません。
また、親子間の任意売却においては売買価格が適正なのかどうかは税務署からチェックされます。

適性でなければ、贈与税がかかりますので、価格設定は高すぎず、だからといって安すぎない設定にする必要があるのです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報