CSプランニング


任意売却においてはCSプランニングを利用してみてはどうでしょうか。
地域に密着した業者で、気軽に相談でき、任意売却における様々なサポートをしてもらうことができます。

では、任意売却について考えてみましょう。

親子間の任意売却

親子間での不動産売却というのはどのようなものなのか疑問に思われる方も多いでしょう。
親子間ならば通常は相続、贈与に値する不動産であるにも関わらず、売買できるものなのでしょうか。

不動産業者だけでなく、大手の銀行というのはローン保証会社との間で貸付をしている債権者が、その親戚や親、子供である場合には保証外となります。
つまり、親子間での不動産取引というのは融資することができないのです。
というのも、親子間での取引というのは、貸付たお金をその他の用途に利用されることを防ぐという目的があるのです。

また、住宅ローンにおける決まりとしては、ローンを組む場合には本人がその家に住むための融資でなければなりません。
そのようなことからも、親子間における任意売却というのは極めてハードルが高いのです。

親子間での任意売却の費用

親子間での任意売却というのは難しいので、普通の任意売却と比較しても費用が高額になってしまいます。
今まで住み続けてきて、情も移っている住居です。
そのような家を手放したくないという思いがあるのであれば、少々高くなってしまっても任意売却をするべきです。

そして金融機関に認めてもらうという交渉が必要不可欠になるのです。
第三者を間においての取引となると、謝礼を支払うのが一般的です。

親子間任意売却のデメリット

親子間任意売却におけるデメリットは、住宅ローン控除での対象外になってしまいますので、所得税は還付されません。
また、親子間の任意売却においては売買価格が適正なのかどうかは税務署からチェックされます。

適性でなければ、贈与税がかかりますので、価格設定は高すぎず、だからといって安すぎない設定にする必要があるのです。


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
48歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却」
         
無料相談のおかげで一歩踏み出せました。なんとかローンを残すことなく任意売却できたのでほっとしています。

公式サイトはこちら

2すみれ不動産販売

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

3グランソレイユ

おすすめの理由
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報