離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却後の財産分与

任意売却後の財産分与


そもそも、財産分与ってどんなもの?

離婚の手続きを進めるなかでは、いろいろなことにエネルギーを使います。
そのひとつが財産分与ですが、具体的にどのような手続きなのか、ご存じの方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

財産分与とは、読んで字のごとく、財産を分け合うということです。
ただし、これには当然ながら条件があります。

基本的には、結婚をしてから離婚をするまでの期間において、夫婦が協力して獲得した財産に対して、その権利を分割することができる、ということです。
つまり、結婚をする前にそれぞれが所有していた財産については、財産分与の対象とはなりません。
また、結婚中であっても、両親などの親族から相続した財産、個人的に手に入れた財産についても、財産分与の対象とはなりません。

そして、財産分与の手続きについては、離婚をしてから2年以内に終えなければならない、とされています。

住宅ローンも財産分与の対象になるの?

結婚中に住宅ローンを組んで購入した不動産については、当然ながら財産分与の対象となります。
夫がローンの債務者であり、妻が連帯債務者となっていた場合、ローンが完済していないと、離婚後にローンの滞納があったとすると、妻に弁済の責任が生じます。

つまり、お互いに債務を抱えている状況においては、住宅ローンも負の財産として引き継いでいかなければなりません。

任意売却をした不動産の財産分与は?

不動産を任意売却するケースにおいては、基本的に売買価格よりも残債の方が大きいオーバーローンとなります。
そのため、任意売却後の不動産を財産分与した場合でも、債務の支払いが継続することを頭に入れておきましょう。

ただし、任意売却をする時点で不動産の抵当権は解除されていますので、残る残債については無担保となるため、精神的なストレスは軽減されます。
財産分与の割合は、共働きであれば折半、専業主婦の場合には妻が3割から5割というのが相場です。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報