離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > ワン・ステップ不動産

ワン・ステップ不動産


ワン・ステップ不動産は任意売却をサポートしてくれる業者です。
任意売却ネットであれば、売却代金の中から仲介手数料を支払いますので、依頼者には一切負担になりません。
最大で30万円の引越し代金と売却価格の1%をキャッシュバックを受け取ることができます。

ところで任意売却って?

住宅ローンを組んだものの、会社が倒産してしまったり、離婚をしてしまったりしてローンを支払うことができなくなることもあります。
その場合には、その住宅の売買手続きを行ってからローンの負担を減らしてもらえます。
それを任意売却というのです。

任意売却をすることで借金を大幅に減らすことができ、金銭的な負担も減らすことができるのです。
任意売却をする際に必要な手数料もほぼかかりませんし、次に住む家を見つけるまでは購入していた家に住むことができるのです。

任意売買が成立するまでに必要な生活費は確保されますので生活できなくなる心配もありません。
ただし、任意売却をするとローンが減額されると同時に家を手放すことになります。

住宅ローンの滞納から数ヶ月が経過すると催告状、一括弁済の通知といったものが届きます。
そして支払い不能になっているので競売にかける、という通達が来るのです。

それでもなお滞納し続けてしまうと、4ヶ月目くらいに地方裁判所から競売開始との連絡が来ます。
さらに通告を無視して滞納していると、執行官が家の撮影や調査に来ます。
そのような状況になれば、ご近所さんに競売にかけられたことを知られてしまいます。

さらに3か月後になっても滞納してしまえば、競売の入札開始、入札開始から1週間以内に任意売却をしなければ開札となってしまい、競売が成立すれば住宅を引き渡さなければなりません。

住宅ローンの滞納から任意売却成立までの猶予は5ヶ月前後です。
そのため、できるだけ早くワン・ステップ不動産のような任意売却専門業者に相談をするようにしましょう。
そうすれば、競売にかけられてもギリギリで任意売却の手続きを進めることができるはずです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報