REトラスト


REトラストは任意売却のサポートをしてくれる業者になります。
では、まず任意売却についてご紹介します。

任意売却とトラブル

競売よりも精神的に楽になることができるのが任意売却になります。
この任意売却ですが、誰でも必ず成功できるというものではありません。
猶予期間が経過して競売に移行してしまうと、債権者から売却不可として拒否されてしまうこともあります。

また、銀行や金融機関といった債権者によっては、任意売却は一切受け付けない、ということもあります。
公団系に関しても任意売却を認めてくれないことがあります。

本来は任意売却を認めている金融機関でも、任意売却の申し出を断るケースがあります。
融資を受ける側の態度であったり、依頼する任意売却専門業者が金融機関に拒否されている場合には任意売却の申し出自体を拒否されてしまうこともあるのです。

それでは、任意売却をすることができないのはどのような状況の時なのかをご紹介します。

保証人から承認が得られない

連帯債務者や連帯保証人から売却における承認を得られない…
税金の滞納額や管理費の滞納額が債権者の許容している範囲を大幅に超えている…
本人や保証人の本人確認をすることができない…

このような状況であれば、任意売却できないことがあります。
このような状況になっている場合には、早急にREトラストに任意売却に関する相談をしてみてください。

また、任意売却全てが成功するとは限りません。
任意売却を行う場合、REトラストなどの業者に全て任せておけば安心!
そのように思われる方も多いのですが、そのように甘く考えてはいけません。

購入希望者が物件の見学などを依頼してきても、一切応じないなど非協力的な態度をとれば販売活動がうまく行かずに任意売却を成功させることができないこともあるのです。
業者に全てを丸投げしてしまうのではなく、その物件を所有している本人も任意売却に対して積極的に行動をとることが重要になるのです。

業者と本人がともに協力することが非常に重要になるんですよ。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報