ワールドワン


worldone

任意売却を成功させるコツというのはどこにあるのでしょうか。
このコツというのは、やはりなんといってもワールドワンのような任意売却業者に依頼するということです。

プロに依頼をすることで、よりスムーズに、そして悪実に任意売却を進めることができるはずです。

任意売却のデメリットあれこれ

任意売却を行うことによって、自己破産と同じように社会的な面において不利な立場になってしまったり、ブラックリストに載ってしまうのではないかと不安に思われている方も多いでしょう。

この、ブラックリストに載るというのは、消費者金融における借り入れができなくなったり、ローンの返済を数ヶ月滞納してしまったりといった時に、延滞記録が残ってしまうということです。

では、任意売却の場合にはどうなるのでしょうか。

任意売却になる、ということは住宅ローンの支払いをすでに3ヶ月以上滞納しているということです。
そのため、個人信用情報への記載を免れることは不可能です。
任意売却を行うことで、ブラックリストに載るのでなく、返済が滞納していることでブラックリストに載った状態にあるということなのです。

この場合には5年間は新たにローンを組むことや、クレジットカードを作ることは不可能になります。
しかし、そのようなローンを組むなどしないのであれば、生活に支障が出るようなこともまずありません。

任意売却を検討していても、金融機関のブラックリストに載ってしまうのではないかと不安に思い任意売却に踏み切れないのであれば考え方を変えてみましょう。
そもそもローンを延滞している時点でブラックリストに載っています。

つまり、そのまま放置するとブラックリストに載った上に競売にかけられます。
しかし、任意売却をすればブラックリストに載ったとしても、競売だけは避けることができます。

そのため、任意売却をするのであれば、できるだけ早く決断した方が良いです。
そうしなければ競売にかけられてしまい、人生が大きく変わってしまうかもしれません。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報