離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > ハウスプロデューサー住まい

ハウスプロデューサー住まい


housepro

ハウスプロデューサー住まいは地域密着型の不動産会社です。
不動産における売買の取引を専門に行ってきました。

社会環境が変化する中で、土地や住環境における価値観というものも変わってきています。
このような変化に対してニーズを素早くキャッチしていますので、不動産における情報量が極めて多いのです。

そして任意売却においても強いのがこのハウスプロデューサー住まいの魅力なのです。

任意売却と連帯保証人

任意売却の検討をしている物件に対して、連帯保証人をつけている場合には面倒な問題が出てきてしまいます。
それらの物件に対して保証人として契約書にサインをしている場合には、連帯保証人の影響というのは非常に大きいのです。

信用して連帯保証人になってくれた、ということは迷惑は絶対にかけたくない!
そうは思っていても、やはりダメージは受けてしまうものです。

資金力のある連帯保証人であれば、債権者は連帯保証人に支払い請求を行うのが一般的です。
債権回収の基本は、返済が可能なところから回収をするというのが常識なのです。
任意売却が完了してからの残債務においても同じで、連帯保証人へ請求されるのです。

連帯保証人というのは、請求をする前に債務者本人に請求をしてほしい!
などといった主張はできません。

どうして出来ないのかといえば、連帯保証人は債務者同様に債務を負っている一人だからです。
つまり、問答無用で債務者の代わりに請求されますし、支払いを求められてしまうのです。

連帯保証人を付けている物件の任意売却は非常に厄介ですが、連帯保証人が付いているとしても任意売却を諦める必要はありません。
厄介なことではあるのですが、ノウハウを持つ専門家に相談をすれば、任意売却も十分に可能です。

任意売却は連帯保証人を付けている物件でなくてもなかなか難しい問題ですが、その場合にもハウスプロデューサー住まいのような専門家に相談をすれば効率よく任意売却を進めることができるはずです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報