離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > 関西あおぞら合同事務所

関西あおぞら合同事務所


関西あおぞら合同事務所というのはどのような不動産業者なのでしょうか。
関西あおぞら合同事務所においては、不動産専門司法書士によって利用者の希望、状況に合わせた解決策を提案してくれます。

住宅ローンの返済について悩んでいる時には、色々な角度からアプローチして、任意売却を勧められることもあります。
任意売却を勧められた場合には任意売却のプロに頼ってみてはどうでしょうか。

もう競売を待つしかないと諦めている方も、一度任意売却について考えてみましょう。
また、競売と任意売却では色々な違いがありますので、どちらが良い方法なのかをチェックしてみましょう。

任意売却と競売の違い

任意売却と競売の違いとして最も大きく現れるのは、売却価格です。
任意売却というのは債権者と購入希望者との間で価格を決定しますので、うまくいけば相場にかなり近い金額で売却することができるのです。

その一方で、競売の場合には市場価格の70%以下で売却されるのが大半です。
債務者が決めることはまず不可能です。

また、売却したお金の使い道にも違いがあります。
任意売却においては売却をしたお金の一部を引越し費用として使用することもできるのですが、競売の場合には全額債権者のものになってしまうのです。

債務者の個人情報における取り扱いにも違いがあります。
任意売却の場合、売却情報というのは不動産売却の時と同じ方法で公開されます。
しかし、競売の場合には裁判所のホームページなどで記載されますので、プライバシーは守られていないのです。

残債の返済方法

残債の取り扱いについてですが、任意売却であれば返済が可能な方法を話しあったり、給料を差し押さえられないようにすることもできます。
しかし、競売は債務者の言うとおりに返済をしなければならないのです。

このように任意売却と競売には大きな違いがありますので、出来る限り任意売却を行えるように関西あおぞら合同事務所に相談をしてみてください。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報