離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却の良い点

任意売却の良い点


離婚のゴタゴタでも、精神的ストレスを軽減できます

離婚の手続きを行うのは、夫にも妻にも大きなストレスとなるもの。
財産分与をどうするかなど、現実的なことを山ほど話し合わなければならないだけでなく、子どもがいる家庭では、親権をどうするのかなど、とてもデリケートな話も加わります。
これでは二人とも、どうしても精神的にまいってしまいますね。

もし離婚後に住宅ローンを支払えないことが分かった場合、3か月を超えて支払いを滞納すると、強制的に競売にかけられることは明らかです。
ところが、任意売却を選択できれば、競売に伴う精神的ストレスを回避できます。

なんといっても、競売よりも高い価格での売却が期待できます

競売においては、抵当権が解除されない状態での不動産取引となるため、新たな買い手もリスクを抱えなければなりません。
そのため、同じ条件の不動産と比較して、相場よりも安く取引される傾向にあります。

ところが、任意売却の場合には、抵当権が解除された状態での取引となりますので、市場価格に照らしてフェアに取引を行えるのです。

退去する場合でも、こちらの希望を考慮してもらえます

競売での取引が行われると、不動産に引き渡し期日が設定されると、それを容易に変更することはできません。
一方、任意売却では一般的な不動産取引の慣習に従って行われますので、債務者の希望をもとに退去日を調整できるのが一般的です。

引っ越し費用についても、競売では売却費用に組み入れることはできませんが、任意売却の場合には売却費用として計上してもらえるケースもあります。

このように、任意売却を選択することにはさまざまな良い点があります。
離婚を行うのは相当のエネルギーを使いますが、不動産の売却だけでもストレスなく、スムーズに行いたいものですね。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報