離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却の悪い点

任意売却の悪い点


銀行などの融資元との交渉が必要になります

一般的に不動産を売買する場合、住宅ローンなどの債務はすべて完済した状況が前提となりますので、金融機関などの債権者に対する交渉は必要ありません。
しかし、任意売却の場合は残債がありますので、手続きを進める前に債権者の了承を得ておく必要があります。

加えて、債務の連帯保証人がいる場合には、連帯保証人にもきちんと事情を説明し、任意売却を行うことを認めていただいておかなければなりません。
このように、任意売却を行うためには、債務に関係するすべての人の了承を得る必要があります。

競売の申し立てをされると、時間制限があることをお忘れなく!

金融機関などの債権者は、3か月以上にわたって住宅ローンの返済が滞ると、債務を回収する法的手段として、競売の申し立てを行うことができます。
いちど競売の申し立てがなされると、その後は自動的にさまざまな手続きが進んでしまい、売却されると強制退去せざるを得なくなることもあります。

そのため、任意売却を行うにあたっては、競売での売却がなされる前に終えておかなければなりません。
時間的な制限のなかで手続きを進めなければならないため、精神的ストレスを感じる方も少なくないでしょう。

内見の対応など、煩雑なことにも対応しなければなりません

任意売却の手続きにおいては、一般的な不動産売買取引と同様の手順となります。
そのため、物件の内見をしたいという方のリクエストにも、当然ながら対応する必要があります。
一方、競売では内見をすることはほとんどなく、価格面での合意がなされると売却となります。

一度の内見で決まれば良いのですが、なかなかそうもいかず、数度にわたって対応をするのが一般的です。
離婚などで精神的にまいっているときに、上記のような手続き、対応を進めていく必要がありますので、あらかじめ頭に入れておきましょう。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報