離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > RE-Guide(リガイド)

RE-Guide(リガイド)


RE-Guide(リガイド)は、リガイドに加盟している会社に対しては必ず審査を行っています。
独自審査を通過した優良企業のみが加盟することができ、その企業数は400社以上にもなります。

このRE-Guide(リガイド)を運営しているのは、不動産取引におけるスペシャリストです。
運営10年目の老舗サイトで、長期間多くの利用者の不動産売買をサポートしています。

RE-Guide(リガイド)を利用すればとっても手軽に一括査定依頼をすることができます。
一度の入力によって複数の会社に一括で査定を依頼できます。
最大で10社まで査定を依頼することが可能になりますし、査定をまとめて依頼することで400万円以上もの差が出ることもあるんですよ。

RE-Guide(リガイド)で古くなった家を売る時には

古くなった家を売る時には、買主がなにを求めているのかをしっかりと考えておく必要があります。
買主のニーズというのは人によってそれぞれ全く異なります。

リフォームして少しでも高く売りたい!ということを目的としていたり、自分の好きなようにリフォームをして住みたい方、できるだけ予算を抑えて購入したい方など様々です。

そのため、どのような人に対して家を売るのか、ということを細かく想像をした上で家の売却をしなければなりません。

ハウスクリーニングを忘れずに

入居者がいる部屋なのであればそこまでしなければならないことも多くはありません。
しかし、空室として長期間空き部屋になっていたのであれば、ハウスクリーニングで家をしっかりときれいにしておくようにしましょう。

キレイな状態にしていることで、それだけでも入居希望者にとって、そして不動産にとっても非常に印象が良くなります。
それは高値で売却できる可能性も高くなります。

ただし、リフォームなどはしない方が良いでしょう。
リフォームをすると高額な費用が必要になりますので、ハウスクリーニングをする程度にしておくようにしましょう。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報