離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > ハウス・リースバック

ハウス・リースバック


ハウス・リースバックというのは、利用者が所有している不動産を、使用する期間をしっかりと取り決めてからハウスドゥが買い取りをして、売却後にはリース契約を行ってそれまでと同様に住み続ける、というシステムになります。

普通に不動産を売却するとなると、やはり売却したからには住み続けることはできません。
しかし、ハウス・リースバックなら将来的にはその家を再度購入することもできますし、売却をしても住み続けたい!という方は是非ハウス・リースバックを利用してみてはどうでしょうか。

買取代金は一括しての支払い

リースした家はそのまま利用することができるだけでなく、ハウスドゥが支払いをする買い取り代金というのは、一括での支払になりますので、そのまま一時的に資金として活用することができます。

人に知られない

人に知られる事もなくスムーズに手続きをすることができます。
競売や仲介のように物件売却情報を公開することはありませんので、周囲の人に知られることなく、所有権移転の手続きを依頼することができます。

また、再度購入することができるというのも非常に魅力的です。
将来的に利用者が物件をそのままもう一度購入することができますし、期間に一定の定めなどはありません。

固定資産税の節税

固定資産税がかからないため、所有している間にかかる固定資産税の税金を支払う必要はありません。
所有者でなく使用者になりますので、税金を節税することができるのです。

住み続けることができますので、仮住まいを準備する必要はありませんし、通常の買い替えと比較すると安心をして取り組むことができます。

このように、ハウス・リースバックであれば、所有している不動産を一旦手放すのですがそのまま住み続けられたり、将来的に買い取ることもできるため、一時的に不動産を手放したいという方にはピッタリなのではないでしょうか。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報