離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却をするときに必要なもの

任意売却をするときに必要なもの


任意売却は自分の意志だけでは進みません

住宅ローンの返済が終わっていない不動産を手放す方法として、任意売却を選択するケースが増えています。
特に、離婚という人生の大きな出来事を経験する際に、任意売却の手続きを行うことを決断するという方が少なくありません。

任意売却を行うためには、住宅ローンの融資元である銀行などの金融機関に相談する、ということが言われていますが、それだけでは進みません。
任意売却の手続きを進めるにあたっては、決められた書類を用意する必要があるのです。

任意売却の手続きを進めるのに必要な書類とは?

任意売却をしようとしている不動産がマンションなのか、あるいは一戸建てなのかによって若干の違いがありますが、一般的に必要とされる書類には、次のようなものがあります。

(1) 印鑑証明書
(2) 住宅ローンの融資元からの書類
(3) 不動産の登記済みの権利書
(4) 不動産の評価証明書
(5) 都市計画税や固定資産税などの納付書
(6) 管理会社や管理組合などの連絡先(マンションの場合)
(7) 不動産の購入時のパンフレットや間取りがわかるもの
(8) 不動産の売買契約書や重要事項説明書

いろいろな書類が必要になることがお分かりでしょう。
(1)については原本を用意しなければなりませんが、(3)や(4)についてはコピーでも構いません。

これだけでなく、任意売却の手続き代行会社に提出する書類も

任意売却の手続きは、やはりプロの手に任せるのが安心です。
手続き代行会社に提出しなければならない書類があり、それは次のようなものです。

(1) 専任媒介契約書
(2) 委任状
(3) 任意売却手続きに関する申出書
(4) 抵当権の抹消応諾についての申請書
(5) 実査チェックシート

これらのほかにも、マンションであれば現状報告書、生活状況の申出書など、さまざまな書類が必要となります。
これだけを見ると心配になる方がいらっしゃるかもしれませんが、代行会社の担当者のアドバイスに従って、一つずつ揃えていくようにするといいでしょう。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報