スマイスター


スマイスターは全国各地にある大手、地元不動産会社の提案をそれぞれ比較することができます。
スマイスターには、大手不動産会だけでなく、地域密着型の不動産会社、不動産売却を積極的に行っている企業が加盟をしています。

スマイスターに加盟をする不動産会社に対しては、スマイスタースタッフが訪問をして、宅地建物取引業免許番号を確認し、依頼者に対してエリア、信用調査といったことを実施することで、企業としての質を高くして利用者に対して満足できるように務めているのです。

不動産売却のスペシャリストが揃っている

不動産売却が得意な不動産会社が多く加盟しています。
東京本社はもちろん、大阪や福岡にも支店がありますので、それぞれの地域においても質の高い不動産会社に加盟してもらえるように活動をしているんですよ。

そのため、全国の大半の地域で不動産売却をしてもらうことができるのです。
また、現在不動産会社が加盟していない地域で売却の希望があっても、すぐに対応できる会社をスタッフが見つけてくれます。

賃貸で貸さずに売却するのはなぜ?

賃貸で家を貸すのではなく、売却するのを選択する方も多いです。
では、賃貸で家を貸す時のデメリットというのはどのようなところにあるのでしょうか。

デメリットというのはなんといっても初期費用がかかってしまうことです。
人に家を貸すということは家が汚れているままではいけません。
壁紙、畳の張替えやハウスクリーニングが必要になります。

これには、かなり高額な費用がかかってしまいます。
さらに、空室のリスクもあります。

賃貸というのは必ず借りてもらえるというものではありません。
すぐに借りてもらえれば賃料が収入として入ってきます。

しかし、家をいつも誰かが借りてくれるのかといえばそんなことはありません。
そんなに上手くはいかないものです。

そういった賃貸にすることのリスクというのはいくつもありますので、やはり不動産は売却をするというのも1つの手段としてはおすすめなのです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報