離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 残債の支払い方

残債の支払い方


そもそも、任意売却をすると残債はなくなるの?

任意売却をする理由としては、離婚などをきっかけとして、今後住宅ローンを返済していくことが厳しいということが明らである、というものがあります。
住宅ローンの返済が3か月から6か月程度滞ると、債権者によって競売手続きが開始されますので、競売によるデメリットを被らないために、任意売却を選択するのがほとんどです。

もともと残債がある状況で不動産を売買しますが、売買価格が残債を下回るのが任意売買のケースですので、必ず残債は残ります。
任意売却をすることで、残債が帳消しになることはありません

任意売却後の残債の支払い方法は?

任意売却前と同じように支払いが残るのであれば、メリットはどこにあるのでしょうか?

大きく違うのは、任意売却後には不動産という担保がなくなる、ということです。
金融機関などの債権者にとって、担保がある債権については、厳しく取り立てをすることで回収を早めたいという心理が働きます。

ところが、任意売却後の残債には担保が伴いませんので、債務者ができる範囲での返済をしてもらう必要があります。
つまり、毎月の返済額やボーナス時の返済額について、債務者の生活状況に応じて調整をしてもらうことが可能になります。

残債を減額してもらえるケースも?!

このように、任意売却をすることのメリットは、残債の支払い方法についてよりフレキシブルに対応してもらえることにあります。
それだけではなく、場合によっては残債を減額してもらえることもあるのです。

具体的には、債務者の経済状況があまり好ましい状態になく、残債を完済するまでに相当の期間が想定される場合、などです。
残債を減額することを「圧縮する」と言いますが、任意売却をすることで、残債を圧縮してもらえる可能性もでてくるのです。

ただし、債務者の希望だけでは残債を圧縮することはできず、債権者がそれを認めることが必要です。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売よりもメリットが多い一括査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報