離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却は近所にバレる?

任意売却は近所にバレる?


もし競売にかけられると、周囲に知られてしまいます

離婚をするなどして世帯収入が減ってしまうと、これまで払えていた毎月の住宅ローンの返済が厳しくなることは往々にしてあるでしょう。
住宅ローンの返済が3か月から6か月にわたって払えない状態が続くと、融資元である金融機関から強制的に競売手続きを行われることになります。

競売物件となることで、インターネットや新聞の競売記事などにおいて、公に告知がなされることになりますので、結果として周囲にそのことを知られることになってしまいます。
おまけに、抵当権が解除されないままの売買になりますので、市場価格と比べてとても低い金額で売却をせざるを得ません。

任意売却であれば、周囲に知られることはありません

ところが、任意売却ができれば、周囲にそのことを知られることはまずありません。
任意売却では、住宅ローンが完済していない状況でありながら、金融機関の了承のもと売買を行えます。
つまり、一般的な不動産売買のような形で進めることができるのです。

おまけに、任意売却の場合、融資元の了承によって抵当権を解除できますので、債務の付随しない状態で不動産を売却できます。
そのため、市場価格で売買を行えるという大きなメリットを享受できます。

周りに事情を知られたくないのであれば、やはり任意売却がおすすめ

このように、不動産の任意売却では、周囲に知られずに売買取引を進めることができるだけでなく、売買取引自体を有利な条件で進行できるというポイントも。

不動産を手放すというのは、精神的なストレスがとても大きな出来事ですので、できるだけスムーズに行いたいものです。
特にお子さんのいる家庭では、特に気をつかうことが多いでしょう。

というのも、競売物件の取引において、記事を目にした不動産業者が周囲の住人に聞き込みを行ったばかりでなく、子どもの学校にも押し寄せた、ということも起きています。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 【結論】競売よりも一括査定サイトを利用して任意売却しましょう!

任意売却と競売を比較した場合、競売には手続きする必要がない程度のメリットしかありません。 任意売却を選べば、競売より高く売れるので売却後の残債額は減り、支払いも生活していける範囲で分割払いの対応が可能です。 また、引っ越し代も出るので任意売却は最も再スタートが切りやすい選択肢です。

自己破産を選ぶ場合も、まず先に不動産を売却することで自己破産の費用をかなり抑えることができます。

不動産の任意売却は特別な手続きが必要なので、専門的に任意売却を取り扱っている仲介会社でないと難しいケースがあります。

一括査定を利用して、自分の不動産のエリアに対応した任意売却に強い不動産会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報