単純売却


任意売却のなかで、もっともシンプルな売却方法です

任意売却と一口に言っても、具体的に売却をするやり方は6種類あります。
そのなかで、単純売却はその名の通り、もっともシンプルな売却と言っていいでしょう。

具体的には、一般的な不動産売買と同じように売買できるということ。
つまり、売却の相手はマイホームを探している消費者となります。

単純売却の大きなメリットとしては、任意売却の6つの方法のなかで、もっとも高い売却価格を期待できるということもあります。
競売で売却する場合と比較して、1.5倍程度の高い値段がつくといったことも、珍しくはありません。

単純売却で注意したいことはあるの?

このように、得られるメリットにばかり目のいきがちな単純売却ですが、気を付けておきたいポイントもあります。
それは、ある程度ゆったりとした売却期間を想定する必要があるということです。

上に書いたように、単純売却の売却先は一般の消費者です。
そのため、不動産の内見を行ったうえで、気に入ってもらえれば売却の交渉に入れますが、やはりどうしても時間がかかってしまいます。
そのうえ、内見の際に良い印象をもってもらうために、きちんとした状態に室内を整えておくことも大切です。

新たに人生をやり直すには、もってこいの任意売却方法です

いずれにしても、単純売却は一般的な不動産売買とまったく同じ感覚で、不動産の売却を行うことができます。
愛着のあるマイホームを手放さなければならないというデメリットはありますが、気分を一新してまた一から出発する、という気持ちを抱きやすい、シンプルな売却方法と言えます。

もしかすると競売にかけられていたかもしれないと考えると、精神的なダメージをもっとも軽減できる売却方法と言ってもいいのではないでしょうか。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報