買戻し


愛しのマイホームを取り戻したい方に、おすすめします

どうしても住宅ローンの返済を続けていくことが厳しく、かと言って競売にかけられて精神的に大きなダメージを得たくないというのであれば、任意売却を選択するのが自然な流れです。
任意売却を行うことで、競売よりもより市場相場に近い価格で取引を行うことができ、かつ周囲に知られることなく手続きを進めることもできます。

ところが、経済的、精神的ダメージがより少ないとは言っても、住み慣れた我が家を手放すのはつらいもの。
将来的に資金繰りが好調になることが見込まれているのでしたら、買戻しとして任意売却を行うことをおすすめします。

買戻しの具体的なケース

上の説明だけでは、どのような場合に買戻しが行えるのか、想像できないかもしれませんんね。
そこで、具体的な事例をご紹介しましょう。

両親と社会人の息子の3人暮らしで生活を行っている家族で、父親が住宅ローンの名義人だったとします。
父親の収入が減ることで、毎月のローンの返済が滞ることで、任意売買を決めたとしましょう。

息子が働いているので、息子が父親に代わって債務を肩代わりしたいと思っていたとしても、まだ社会人経験が浅く、ローン契約を行うことができません。
それでも、愛着のあるマイホームでもあり、手放すことができないといった場合、買戻しを選択することができます。

この場合、数年以内に長男が新たに住宅ローンを組みなおすことで、その不動産を買戻すという前提で、手続きを進めます。
手続きがうまく進めば、退去をさせられることなく、買戻すまでの期間は賃貸として借り受ける形を取ることができるのです。

買戻しで注意すべきポイントは?

愛着のある我が家を手放さず、引っ越しをする必要もない買戻しですが、もちろん気を付けたいポイントもあります。
それは、買戻しを行う際に、賃貸として利用をしていた期間に応じて買戻し代金が割増しになるということです。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報