買取


とにかく時間がない!という方におすすめします

任意売却の方法には6つの種類がありますが、買取の最大の特徴は、すぐに売却を行うことができるということです。
システムとしては、単純売却と同じようなものですが、大きな違いは、単純売却が一般の消費者を対象として売却を行うのに対し、買取では不動産会社が売却の対象となります。

単純売却の場合、物件の内見に気を使わなければなりませんし、何度も内見をするケースも珍しくありませんので、売却が決まるまでにはある程度の時間が必要です。
ところが、買取はプロである不動産会社が売却の対象となりますので、売却にあたっても価格の計算をする程度で、とてもスピーディーに決まっていきます。
加えて、内装の状態に気を使う必要もなく、室内が汚れていたり、ゴミが残っていたりしても、問題にはなりません。

買取のデメリットにはどのようなものがあるの?

それでは、気を付けたいポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、買取は室内の状態などとは関係なく、決められた基準に従って計算がなされますので、売却するときの代金がそれほど高くないという傾向があります。

また、上記に絡む内容として、金融機関などの債権者との交渉において、すぐに任意売却についての承認を得づらくなるということも言われます。
そしてもちろん、不動産会社に売却することになりますので、買戻しの場合のように、物件に住み続けることはできません

このように、できるだけ高い金額で売却を行いたいと考えている方にとって、買取はそれほどメリットを感じることのできる方法ではないかもしれません。
ただし、一戸建ての場合、境界石が存在しないという状況であっても問題なく手続きをすることができるといった、手続き上のメリットは依然としてあります。

いずれにしても、すぐにでも不動産を手放したいという方向けの方法ですね。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売よりもメリットが多い一括査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報