親子間売買


もっともストレスを軽減できる任意売却の方法です

親子間売買とは、その名の通り、親子の間で不動産を売買する任意売却の一つの方法です。
実際には、親子間だけでなく、親族間での売買であったり、友人を対象とする売買の場合もあります。
いずれにしても、家族間、友人間での売買という点で、精神的なダメージがもっとも軽くなるというわけです。

親子間売買であれば、父親から息子に債権が引き継がれることになりますので、家族としてはそのまま不動産に住み続けることができます。
売買先が親族や友人であっても、事前にきちんと話をしておくことで、愛しのマイホームで生活を続けることが可能でしょう。

親子間売買のデメリットとは?

精神的には大きなメリットのある親子間売買ですが、デメリットもあります。
まず、贈与に当たるとして税務署の調査の対象となる可能性が高くなります。
正式には該当しませんが、親子間売買として正式な手続きを経たという事実を納得してもらうために、説明をする必要があると思っておきましょう。

また、両親の世代に比べると、子ども世代の資金繰りはそれほど潤沢ではありません。
そのため、いざ子どもが住宅ローンを申請した際に、なかなか審査をパスすることができないといったことも想定されます。

親子売買ならではのその他の特徴とは?

親から子どもへと不動産が引き継がれることになりますので、任意売買が完了した後に、親が自己破産の手続きをすることで、残債を減らせるケースがあります。
あるいは、債権者である金融機関に相談して、債務の圧縮をしてもらえる場合もあるようです。

これらの理由によって、最近では親子間売買を選択する方が増えています。
いずれは子どもの手に渡す予定となっている不動産があって、毎月の住宅ローン返済が次第に困難になっているのでしたら、一度検討してみてはいかがでしょうか?


ページトップへ

離婚での不動産売却に強い任意売却会社ランキング

1LUARCH (ルアーチ)

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

利用者の声
         
48歳 (男性)「ローンを残さずに自宅を売却」
         
無料相談のおかげで一歩踏み出せました。なんとかローンを残すことなく任意売却できたのでほっとしています。

公式サイトはこちら

2すみれ不動産販売

おすすめの理由
  • 任意売却の経験豊富な専門スタッフ
  • 安心のアフターフォロー
  • 24時間365日ご相談無料

3グランソレイユ

おすすめの理由
  • 費用は任意売却が成立した時の仲介手数料のみ
  • 勧誘営業一切なし
  • 実績豊富

ページトップへ
TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報