親子間売買


もっともストレスを軽減できる任意売却の方法です

親子間売買とは、その名の通り、親子の間で不動産を売買する任意売却の一つの方法です。
実際には、親子間だけでなく、親族間での売買であったり、友人を対象とする売買の場合もあります。
いずれにしても、家族間、友人間での売買という点で、精神的なダメージがもっとも軽くなるというわけです。

親子間売買であれば、父親から息子に債権が引き継がれることになりますので、家族としてはそのまま不動産に住み続けることができます。
売買先が親族や友人であっても、事前にきちんと話をしておくことで、愛しのマイホームで生活を続けることが可能でしょう。

親子間売買のデメリットとは?

精神的には大きなメリットのある親子間売買ですが、デメリットもあります。
まず、贈与に当たるとして税務署の調査の対象となる可能性が高くなります。
正式には該当しませんが、親子間売買として正式な手続きを経たという事実を納得してもらうために、説明をする必要があると思っておきましょう。

また、両親の世代に比べると、子ども世代の資金繰りはそれほど潤沢ではありません。
そのため、いざ子どもが住宅ローンを申請した際に、なかなか審査をパスすることができないといったことも想定されます。

親子売買ならではのその他の特徴とは?

親から子どもへと不動産が引き継がれることになりますので、任意売買が完了した後に、親が自己破産の手続きをすることで、残債を減らせるケースがあります。
あるいは、債権者である金融機関に相談して、債務の圧縮をしてもらえる場合もあるようです。

これらの理由によって、最近では親子間売買を選択する方が増えています。
いずれは子どもの手に渡す予定となっている不動産があって、毎月の住宅ローン返済が次第に困難になっているのでしたら、一度検討してみてはいかがでしょうか?


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報