売却後賃貸


そもそも、売却後賃貸とはどういったシステムなの?

6種類ある任意売却の方法のなかでも、ちょっとわかりにくいシステムと思われるのが、この売却後賃貸です。
まずは、どういったシステムなのか、確認しておきましょう。

売却後賃貸では、投資家に不動産を売却することで、債務者は銀行などの金融機関から担保権を抹消してもらいます。
そして、投資家に対しては、債務者の名義から変更を行うことで、不動産の名義を投資家のものに書き換えます。

そして、債務者は投資家名義の不動産に賃料を支払うことで、賃貸物件として継続的に住まわせてもらうというシステムです。
その際、賃貸保証会社が仲介することで、万が一の賃料滞納時でも賃料が保証されるようにします。

売却後賃貸を行う際に気を付けておきたいこと

上の説明にあるように、売却後の不動産を賃借するにあたっては、賃貸保証会社が介入するようになります。
保証会社としては、賃料滞納のリスクを抑えるためにも、入居の際の審査を厳しく行う傾向があります。

売却後賃貸を行うということは、経済的に厳しい状況にあるということでもありますので、この入居審査を通過するのに苦労するかもしれないと思っておくといいでしょう。
問題なく審査をパスするための最低条件としては、毎月の賃料がローン返済額を下回っていることが欠かせません。

つまり、想定される賃料がローン返済額と変わらなければ、売却後賃貸を選択する意味がないということです。

売却後賃貸に他にメリットがある?

売却後賃貸を選択することで、不動産の売却後にも済み続けることができます。
他のメリットとしては、居住地が変わらないことで、周囲に任意売却のことを知られるおそれがほとんどない、ということでしょう。

賃貸ですので、必要に応じて別のところに引っ越せるというのも、少し気が楽になるポイントではあります。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報