抵当権抹消請求


複雑な事情がある方に、もっともおすすめの任意売却方法です

任意売却とは、そもそも銀行などの金融機関、つまりは債権者の同意を得たうえでないと、手続きを進めることができません。
ところが、この抵当権消滅請求とは、債権者の同意を得ることなく、不動産を売却できてしまうというシステムです。

債権者が同意をしないと、一般的にはどうなるのでしょうか?
住宅ローンが完済しないうちは、不動産については抵当権があります。
この抵当権は、債権者がいつでもその不動産を競売にかけられるということを意味しており、つまり、抵当権のある不動産を買い取りたいと考える人はほとんどいない、ということです。

ところが、抵当権抹消請求を選択すると、債権者が行使できるはずの抵当権が解除されますので、不動産をより売却しやすくなるというわけです。

抵当権消滅請求で知っておきたいことは?

このように、複雑な状況におかれている不動産であっても、なんとかして売却にまでこぎつけることのできる方法ではありますが、抵当権消滅請求を選ぶ際に頭に入れておきたいポイントには、なにがあるのでしょうか?

まず、ほかの5つの方法と比較して、抵当権消滅請求による売却では、売却価格がもっとも低くなる傾向にあります。
本来であれば売却できない状態のものを無理やり売却する方法とも解釈されますので、価格面でのデメリットが付随することは頭に入れておいてください。

また、債務者に税金などの差し押さえがある場合、手続きを進めることができないケースもあります。
加えて、世の中に数多くある任意売却業者においても、抵当権消滅請求を適切に取り扱える業者は限られているということも言われています。

一般的にはおすすめすることが難しいケースではありますが、債権者の行方が分からなくなっているなどの理由で不動産の処分に困っている方にとっては、救済策となり得るでしょう。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報