離婚に伴う任意売却 > 口コミ・評判 > 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会

全国住宅ローン救済・任意売却支援協会


任意売却支援協会

全国にネットワークを持つ非営利団体という特色

全国住宅ローン救済・任意売却支援協会は、その名の通り一般消費者の住宅ローンの救済と任意売却サポートを行うための、非営利団体です。
北海道から沖縄まで、全国22都道府県において、24もの相談センターがあり、それらのすべてで無料の相談サービスを提供しています。

代表理事の佐々木延彦氏は、学生の頃に父親の経営する会社が倒産することになり、ローンの担保としていた不動産が競売にかけられるという経験をしています。
そんな危機的な状況を救ったのが、任意売却というひとつの選択肢だったのです。

全国住宅ローン救済・任意売却支援協会の設立にあたっては、佐々木氏の上記の個人的なストーリーをもとに、世の中の多くの善良な消費者が同じような思いをしないように、との熱い願いがこめられています。

任意売却取扱主任者の資格制度を創設するなど、積極的に活動しています!

全国住宅ローン救済・任意売却支援協会では、任意売却を専門に取り扱う人に関する国家資格がないため、公的にスキルの標準化をすることの必要性を探ってきました。
その活動のひとつの表れとして、「任意売却取扱主任者」という資格を独自に定め、より適切に任意売却が行われるとともに、任意売却についての認知が広がるように、日々努めています。

また、新聞や雑誌、テレビなどに積極的に登場したり、セミナーを全国各地で開催するなど、アクティブな普及活動を実施しています。

初めて任意売却をする利用者のためには、これまでの任意売却の成功事例をカテゴリー別にホームページに豊富に掲載するなどして、情報を得るための貴重なプラットフォームとしています。
まさに全国規模で任意売却の正しい推進活動を行っている、とても貴重な団体です。


ページトップへ

離婚に伴う不動産売却ってどうするの?

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたければ直接話を聞く
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できれば売却依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報