離婚に伴う任意売却 > 基礎知識 > 任意売却とは

任意売却とは


ローンの返済が難しくなったら、任意売却を検討する時期

不動産の売買には高額な費用が必要になりますので、多くの方は銀行で住宅ローンを組むことで、ようやく購入できます。
ところが、住宅ローンを組む際には、不動産を担保として、抵当権を設定しなければなりません。
つまり、住宅ローンを組むことができても、ローンを完済するまでは、抵当権が付属しているのです。

一生懸命働きながら、毎月のローン返済を行ってきた方が、ある日ローンを返済できないような経済状態に陥ることは、十分にあります。
そんな時こそ、任意売却を検討するタイミングと言えるでしょう。

任意売却することで、抵当権を外すことが可能に!

ローンを完済するまで外すことのできない抵当権ですが、任意売却をすれば抵当権が解除されます
これまで債務が付きまとっていた不動産だったものが、債務とは関係なくなるのですから、売買にあたってはより有利に進めることができるようになるのです。

もちろん、任意売却をするまでもなく、一般売却によって残債よりも売買価格が上回るのであれば、簡単に抵当権を外すことはできます。
しかし、売買価格が残債を下回る場合には、一般売却をすることはできず、任意売却をするしか方法がありません。

任意売却をするには、まずは銀行との話し合いを<.h3>
任意売却をするためには、住宅ローンの融資元である銀行に相談することから始めましょう。
銀行が首を縦に振らなければ、任意売却をすることはできません。

例えば、共働きの夫婦が離婚をする場合、毎月の世帯収入が少なくなってしまうため、銀行としてもローン返済の焦げ付きを心配します。
そのため、融資をよりスムーズに回収する方法として、いったん抵当権を外して任意売却ができるように、優遇してくれるケースがあるのです。

つまり、任意売却は住宅ローンの債務者と融資元の両者にとってメリットがあるということです。


ページトップへ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順やること
1まずは「不動産査定」で簡易査定を依頼する
2メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

不動産会社から査定結果が届きます。

POINT

  • 競売よりもメリットが多い一括査定サイトを利用して任意売却した方が良い理由

住宅ローンは支払いが滞ると支払うために不動産を競売しなくてはいけなくなります。
そうなった時に、そのまま競売に出すと損をしてしまう場合があるので、任意売却を考えてみませんか。

競売は自分で調べたり手続きをする必要がないのでスムーズに処理されますが、裁判所が介入するため引っ越し時期や明渡しなどの融通が利かず、任意売却に勝るメリットはありません。 任意売却は、不動産コンサルタントが仲介をしてくれることで、競売に比べて市場価格に近い高額売却が期待できます。

それ以外にも、債権者(金融機関)と任意売却業者との交渉次第では、引っ越し代がもらえることもあります。

以上の理由から任意売却するために不動産査定を依頼して、自分の不動産の査定額を知って信頼できる会社を見つけて売却しましょう。

TOPページへ

基礎知識

任意売却の手段

口コミ・評判

運営者情報